このサイトでは、ホームページの制作から運用までを簡単にご紹介してきました。Arunokaマガジンを読んでホームページの運用を始めた方もいるのではないでしょうか。しかし同時に、ホームページの記事制作を行うことが難しいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、記事制作サービスのメリット・デメリットと、Arunokaマガジンが厳選する記事制作サービス9個をご紹介します。

記事制作を依頼できるサービスについて

記事制作を依頼できるサービスは大きく分けて2つあります。

  • クラウドソーシング型
  • SEO特化型

「クラウドソーシング」とはインターネット上で、不特定多数のユーザーに対して業務を発注する比較的新しい業務形態で、安価で記事制作の依頼を行うことが出来ます。

「SEO特化型」は、ホームページのSEOを強化することを目的とした記事制作代行サービスです。ほとんどの場合、SEO会社がサービス運営しており、自社で培ったコンテンツSEOのノウハウを活かした記事を提供しています。

記事制作サービスのメリット・デメリット

「クラウドソーシング型」と「SEO特化型」の記事制作サービスですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

「クラウドソーシング型」のメリット・デメリット

クラウドソーシングは、基本的に副業やフリーランスといった個人が、仕事を受注する場として利用されることが多いです。その為、基本的に安価で依頼することが出来ます。また、クラウドソーシングでは、あらかじめ予算と納期などの条件を依頼者側で決められるので、低コストのうえにスピーディに発注することも出来ます。

しかし、必ずしも記事制作のプロが担当するとは限らないので、記事制作のスキルは人によって差が激しく、クオリティにはばらつきが出ます。また、誤字脱字や丸写し(コピペ)のリスクなど、場合によっては、発注側で制作するよりも工数がかかってしまう場合があります。

つまり「クラウドソーシング型」は、発注側にとって「当たりハズレが大きい委託先」というデメリットがあります。

「SEO特化型」のメリット・デメリット

SEO特化型は、依頼内容によってSEOに特化した記事制作を専属ライターが担当してくれるので、クオリティのバラつきがなく、誤字脱字や丸写し(コピペ)のリスクを抑えながら記事の発注を行うことが出来ます。

しかし、依頼する際の費用はクラウドソーシングに比べ高くなることが多いです。オプションや条件によって価格が大きく変わるので、依頼先を選定する前に業者に任せる範囲はどこまでにするのかをあらかじめ決めておく必要があります。

主要なライティング代行サービスをご紹介。

では、記事制作を依頼できるサービスを業態別にまとめてご紹介します。

ホームページに掲載する記事には、SEOに特化した記事や、ブログ記事など様々なタイプがあります。サービスを選ぶ際には、記事制作の目的を整理し、実績などを確認した上で選ぶことをお勧めします。

クラウドソーシング系

SEO特化型

最後に

記事制作の依頼を行う際には、まず初めにプロに頼むのか、予算を抑えるために、クラウドワークスにするのかを考えることが重要です。

記事を制作する時間はないけど、内容のチェックや修正はできるというのであれば、クラウドワークスで大まかな記事を作成してもらい、自分たちで記事の形を整えていくという方法も行うことが出来ます。

記事制作を外注する目的を整理し、費用や時間と相談しながら外注先を決めるようにしましょう。