ホームページを運用する際に必ずと言っていいほど聞くのは「SEO」という単語ではないでしょうか。SEOの対策をしなければいけないことは知っていても、なぜ必要なのか、メリット、デメリットなど知らない人は多いのではないでしょうか。

今回解説する内容を知っておけば、よりネットでの集客数を増加させることが出来るかもしれません。合わせて過去に作成した以下の記事では、簡単にできるSEO対策の内容を記載しています。合わせてこちらもご確認ください。

SEOとは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、自分のホームページをGoogleやYahooといった検索結果に多く露出させる施策のことです。

このSEOを行うことで、検索結果からWebサイトへの流入の増加が見込めるようになるので、ユーザーが実店舗へ来店する数を増やす事が出来るようになります。

しかしここで注意が必要なのは、Googleが提唱するSEOは頻繁にアップデートが行われるので、今現在どのような施策がSEOに有効なのか、常に情報収集を行うことが重要です。

そういった意味で運用の手間があるので、ホームページを運用する際には、更新の手間だけでなく、情報収集の手間も含めて検討する必要があります。

SEOを実施するメリットとは?

SEOを実施することで以下のようなメリットがあります。

  • 検索流入が増える
  • ブランディングが出来る

検索流入が増える

SEOは良質なコンテンツを公開していくことを一番に見ています。ではここで言う良質なコンテンツとはどのような内容を指すのでしょうか。

一般的に、以下の内容を盛り込むことが良いとされています。

  • 網羅性
  • 簡便性
  • 信憑性
  • 独自性

以上の項目を盛り込むことで、ユーザーがより満足するコンテンツとなり、Googleに評価されやすくなり、検索結果一覧の上位に表示されやすくなります。

なので、そのコンテンツに該当するキーワード順位の上位化による検索流入の増大が見込めます。良質なコンテンツの作成は、SEOで一番重要な項目といえます。

ブランディングできる

SEOによってホームページが認知されるようになると、そのホームぺージがお店のブランディングツールになります。

例えば、自店舗への集客を目的としている場合、商品へのこだわりや工夫、知識などをコンテンツとして公開していきます。すると、自社商品への共感や信頼を得ることに繋がり、結果的にそれがブランドになっていきます。

このように、SEOを実施することで、ユーザーの目に触れる機会が増え、結果的にブランディングを行うことが出来ます。

SEOを実施するデメリットとは?

SEOを実施することで様々なメリットが得られることが分かったかと思いますが、以下のようなデメリットもあることに注意しましょう。

  • 効果が出るまで時間がかかる
  • 常に最新の情報を追う必要がある

効果が出るまで時間がかかる

SEOはGoogleのbotがそのサイトを読み込み、評価し、ホームページに反映されるまでに時間がかかります。そのためホームページで店舗集客を行う場合には、効果を発揮するまでに数か月掛かることを理解した上で、運用する必要があります。

効果が出始める時期に関して、Googleでも公式に言及してます。

成果が出るまで時間がかかることを忘れないでください。変更に着手してからメリットが得られるようになるまで、通常は 4 か月から 1 年かかります。

※引用元:SEO が必要なケース – Search Console ヘルプ

常に最新の情報を追う必要がある

古い手法や間違った手法でSEOを実施すると、 Googleから信頼できないサイトと判断され、検索順位が上がらなかったり、検索から流入するユーザーが増加しなかったりします。

SEOの評価方法はかなり頻度でアップデートされ、今まで通用していたことが通用しなくなることが頻繁に起こるため、常にSEOの情報を追う必要があります。

まとめ

今回は、ネットでの集客に必要なSEOの基礎知識について解説しました。今回紹介した内容を知っておくだけでも、今後SEOを実施する上でプラスになると思います。

どのようなコンテンツがSEOにプラスになるのか、詳しい判断基準は公開されていませんが、たった一つ確実なことがあります。

それは、「良質なコンテンツを公開し続ける事」です。

これはGoogleがSEOを導入した根幹の部分なので、今後変わることはないと思われます。今後ホームページを運用する上で悩んだら、「どうすればユーザーが満足する内容になるか」を考えコンテンツを作成していくと良いかもしれません。