「集客」という言葉を聞いて皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。店舗集客を行う際に、いきなりブログやSNSを始めてしまう人もいますが、その前に知っておくべきことがあります。

今回は、店舗集客に取り組む前に知っておきたい「集客」の基本をご紹介します。

そもそも「集客」とは。

そもそも「集客」とは何をすることなのでしょうか。
多くの人が「集客」とは、読んで字のごとくお客さんを集めることだと言います。しかしこれだけだと説明が足りていないと思います。

物やサービスを販売する際に、実際に購入するのは顧客側ですよね。顧客が購入を決めるのは、その商品やサービスにお金を払うだけの魅力を感じているからです。

つまり「集客」の正確な意味は、顧客に魅力を感じてもらうための情報発信、顧客とのコミュニケーション、購入までの一連の流れを指しています。こう考えると「集客」とは何かが具体的なったのではないでしょうか。

集客の施策を行う前に、何をすべきか考える

「集客」とは、 情報発信、顧客とのコミュニケーション、購入までの一連の流れだと説明しました。「それならブログやSNSをやればいいのでは」と思いますが、その前に考えなければならないことがあります。

それは、「目的」を考えることです。
ブログやSNSを行って顧客に伝えたいことは何でしょうか。「商品やサービスの良さ」でしょうか、それとも「素材や制作工程へのこだわり」でしょうか。「目的」によって顧客に伝える内容は異なります。

集客を行う際には、いきなり施策を行うのではなく、「目的」を洗い出し、それに対して行う事を整理しましょう。どうしても自分では難しいと感じるときには、集客コンサルタントに分析を依頼してもいいかもしれません。

集客手法は2種類あり、計画的に実行することが重要。

集客は広告などの短期的な集客にお金を掛けがちですが、それでは購入まで繋がりません。集客を行う時には以下の2つの集客方法を組み合わせて行う必要があります。

  • 広告などの短期的な集客
  • ブログなどの長期的な集客

「広告などの短期的な集客」は、お金を掛けることで比較的短期に結果を出すことが出来ますが、あくまでも「商品やサービスの認知度を高める」ことを目的にした手法です。

「ブログなどの長期的な集客」は、短期間で結果が出るものではなく、3か月から半年以上の長期的な施策として見ておくことが重要で、時間や労力をどれだけ掛けたかで成果が変わります。しかし適切な施策を実施すれば予約サイト以上の集客力を持ったホームページになります。

最後に

集客は 、顧客に魅力を感じてもらうための情報発信、顧客とのコミュニケーション、購入までの一連の流れを意識する必要があります。いきなりブログやSNSは難しいと感じている方は、情報冊子を作成し配るだけでも効果があります。重要なのは、目的と方法を見誤らない事です。