今や様々な場所でデジタルサイネージを見かけるようになりました。それによりデジタルサイネージの利用を考えている人もいるのではないでしょうか。

デジタルサイネージのサイズは様々で、店舗の陳列棚に置ける手のひらサイズのものから、据え置きの大画面の物まであります。

今回は、そんなデジタルサイネージの活用事例について解説していきます。

デジタルサイネージの活用事例

販売店舗の場合

販売店舗で利用する場合は、おすすめの商品や、新発売情報などの広告を動画で提供することが出来ます。

動画で複数の広告を交互に表示することで、店舗への注目度が上がり購買意欲を高めることができ、また特定の時間に特定の広告を表示することが出来るので、タイムセールの告知をし店舗にお客様を誘導することも出来ます。

交通機関の場合

交通機関で利用する場合は、駅や空港待合場所で広告を配信したり、リアルタイムの道路交通情報や、全国の高速道路・一般道路の最新の交通情報を加味した目的地までの所要時間、高速道路・主要一般道路に設置した定点カメラからの交通ライブ映像、全国のJRおよび大手私鉄全線、主要鉄道路線の運行情報といった情報を配信することが出来ます。

また、デジタルサイネージには年齢と性別を判別して商品をオススメする「人相判定カメラ付きのタッチパネル型」のものあり、お客様にあった商品を紹介することも出来ます。

ホテルの場合

ホテルで利用する場合は、タッチパネル機能の持ったデジタルサイネージによるコンシェルジュサービスに利用することが出来ます。

ホテル内の施設に設置することで、お客様は簡単な操作で気軽にサービスのリクエストができ、ホテル側は外国語圏のお客様の要望を正しく理解する助けになります。

ショッピングモールの場合

ショッピングモールで利用する場合は、タッチパネル型デジタルサイネージを利用し、広告一体型のナビゲーションを表示することが出来ます。

お客様が良く通る主導線上で、タイムセールやライブショーなどのイベント情報を配信することで、イベントにお客様を誘導することも出来ます。また、タッチパネルを活⽤することで、施設内の案内表⽰やさまざまなサービスの案内表⽰が可能です。

災害時情報配信の場合

災害時の情報配信で利用する場合、災害時にはリアルタイムでオフィスビル内で働く人達に災害情報を届け、ビル内の設備(火災報知機・緊急地震速報盤)と連携し、避難指示を分かりやすく伝えるなどのナビゲーションを行うことが出来ます。

最後に

このようにデジタルサイネージは様々な用途で使用されており、また様々な情報を配信することも出来ます。

もしデジタルサイネージに興味のある方は、是非一度お問合せしてみてはいかがでしょうか。