最近キャッシュレス決済に注目が集まっており、政府は2019年10月からの増税に合わせてキャッシュレスを推奨していく考えを示しています。また、東京オリンピックも控える中で訪日外国人の数が年々増加傾向にあると言われています。海外は日本よりもスマホ決済が進んでおり、現金を持たない人も多くいるほどです。それに伴って、今後はスマートフォンでの決済にも対応する必要が出てくると思われます。

この記事を読んでいる人の中には、「スマホ決済はスマートフォンで支払いをするサービス」ということは知っているけど、実際にどんなメリットがあるのか良く分からない方も多いかと思います。今回はスマホ決済導入のメリットや大手スマホ決済サービスをご紹介します。

スマホ決済とは。

スマホ決済とは、その名の通りスマートフォンを利用して支払いを行う決済手段です。あらかじめクレジットカード等と連携させておくことで、現金やクレジットカードを取り出さなくても、スマートフォンで支払いが可能になります。このような決済方法を「キャッシュレス決済」と言います。

「キャッシュレス決済」は最近出てきたサービスだと思われがちですが、実はすでに日本でも多く使われています。皆さんは電車の改札を通る時、Suicaを使っている人がおおいのではないでしょうか。そのSuicaもキャッシュレス決済の種類の1つです。

スマホ決済の種類

スマホ決済は現在、実店舗向けに2種類の支払い方法が利用されています。

QRコードでの支払い

QRコードでの支払いを行う場合には、スマホ決済サービスを利用して支払いを行います。あらかじめスマホ決済サービスでお金をチャージしておき、支払いの際にQRコードリーダーに自分のQRコードをかざすことで支払いを行うことが出来ます。QRコードをかざすだけで支払いが出来るので、あらゆるスマートフォンで利用することができ、今後もっとも普及していく支払い方法と言えます。

タッチ式の支払い

タッチ式の支払いを行う場合には、「Apple Pay」や「おサイフケータイ」などのサービスを利用して支払いを行います。タッチ式の支払いの場合、QRコードでの支払いと違いあらかじめクレジットカードと連携しておくことで、チャージの手間や支払いの際に店員に画面を向けるなどの手間無しで支払いを行う事ができます。

スマホ決済のメリット

スマホ決済を導入するメリットは4つあります。

  • 集客につながること
  • 導入が手軽なこと
  • 入金が早いこと
  • 会計ミスの防止でき、集計が容易になること

集客につながること

現金以外の支払い方法があれば、顧客が手元に現金が無い時でも利用することが出来ます。スマホ決済を導入することで、顧客にとっての利便性は格段に上がり、それによって集客力にも影響を与えます。

導入が手軽なこと

クレジットカードの読み取り機器は端末を導入するのに数万円かかりましたが、スマホ決済の場合は様々な会社がキャンペーンを行っており、比較的安価で導入することが出来ます。また、スマホやタブレットさえあれば簡単に導入することができ、サービスの開始手続きに関してもスマホ決済サービス会社のホームページから簡単に登録できます。

入金が早いこと

クレジットカード決済では、決済情報の処理の関係上毎月2回の入金タイミングを待たなければいけませんでした。しかしスマホ決済では最短で翌日入金も可能になっているので、何かと出費の多い小規模店舗や、オープンして間もない時期の店舗にはありがたい仕組みではないでしょうか。

会計ミスの防止でき、集計が容易になること

現金での支払いでは、お釣りの渡し間違いなどの会計ミスをしてしまう場合があります。スマホ決済では、読み取り機器にかざすだけで支払いを完了することが出来るので、そういったミスをなくすことが出来ます。また、スマホ決済サービスを導入すれば、売り上げの自動集計や、グラフでのレポートの作成も行うことができ、記入ミスなども無くすことが出来ます。

大手スマホ決済サービスをご紹介

最後にスマホ決済を導入する際のオススメサービスを紹介します。

Origami Pay(オリガミペイ)

「Origami」が、2016年5月に開始した決済サービスで、現在、和民、ケンタッキー、ロフト、無印良品など、全国で約20,000店舗以上の加盟店が導入しています。お店側は「iPadなどのタブレット」や「ステッカーQR決済スタンド」を設置するだけで導入することが出来ます。

初期費用や固定費は一切かからず、コストは決済手数料3.25%のみ。既存のPOSレジとの併用も可能です。また決済後には、お店のお知らせなどの情報発信ができるようになり、顧客に来店促進をすることもできます。

楽天ペイ

「楽天」が2016年10月に開始した決済サービスで、海鮮居酒屋はなの舞、さかなや道場などを展開する「チムニーグループ」や「ローソン」などが導入しています。お店側は専用の端末を設置し、顧客側は端末で表示したQRコードをスマホで読み取るだけで決済を行う事ができます。

導入手数料は一切かからず、コストは決済手数料3.24〜3.74%のみ。お店は「楽天ペイ」を導入することで店舗情報をアプリに登録することができ、顧客はアプリから「楽天ペイが使えるお店」を探せるので、新規顧客の創出や売り上げアップに繋がります。

LINE Pay

LINE株式会社の子会社「LINE Pay株式会社」が、2014年12月にリリースした「プリペイド型」の決済サービスで、メッセージアプリ「LINE」を利用してスマホ決済ができます。顧客がLINEアプリ上で作ったバーコードを、お店側が読み取ることで決済を行う事が出来ます。また、店舗アカウントをLINEに追加してもらうことで、1,000通/月まで販促メッセージやクーポンを配信することも可能になります。導入手数料は一切かからず、コストは決済手数料3.45%となっています。

最後に

いかがでしたでしょうか。
今後は東京オリンピックの影響もあり、スマホでの決済が多くなっていくと思われます。今は様々な会社がキャンペーンを行っており、導入コストがかなり低くなっています。導入もスマホやタブレットがあればいいので、比較的簡単に導入することが出来ます。これを機にスマホ決済を試してみてはいかがでしょうか。