呼び込み、キャッチと聞いて皆さんはどのような想像するでしょうか。

あまりいい印象を持っていないという方もいるかもしれませんが、集客の方法として呼び込みとキャッチはとても優秀です。

今回は呼び込みとキャッチについて紹介していきます。

呼び込みとキャッチの違いと特徴

呼び込み

呼び込みは、声を大きく出してお店の前を通る人に対して、不特定多数の方に対して行う集客方です。

その為、ターゲットにしている客層以外の方も集客できます。

キャッチ

キャッチは、呼び込みに対して個人に向けて行う集客方です。

お店の前を通る方に自分で選んで声をかけることができるので、お店がターゲットとしている客層を集客できます。

キャッチにはコミニケーションスキルが必要

呼び込みの場合、声を大きく出して存在に気づいてもらえればいいので特にスキルなどはいらないのですが、キャッチはスキルが必要になってきます。

キャッチして声をかける場合の時間は本当に10秒程度しかありません。

その為、短い時間で印象づけないといけないのです。

ですので、キャッチにはコミニケーションスキルが必要になってきます。

ただ話すだけでは来店していただけないのです。

お店がどれほど良いのかどんな物があるのかなど、簡潔にしかも印象付けないといけないのです。

結論呼び込みは簡単で誰でもできますが、キャッチはスキルが必要になってきます。

スキルは場数を踏めばどんどん成長はしていくので、初めてキャッチする人でもできるようになりますので安心してください。

メリットとデメリット

キャッチのメリット・デメリット

キャッチのメリット

  • 個人に声をかけれるのでお店がターゲットとしている客層の集客ができる
  • 常連さんができやすい

キャッチのデメリット

  • スキルが必要になってくる

呼び込みのメリット・デメリット

呼び込みのメリット

  • 不特定多数の方に対して集客できるのでお店の宣伝を大きくできる
  • 誰でも一日目からできる 

呼び込みのデメリット

  • 不特定多数に対しての集客なので、お店がターゲットとしている客層以外の方も集客してしまう

まとめ

キャッチと呼び込みのメリット・デメリットは理解していただけましたでしょうか。

両方とも良い面も悪い面もありますが、悪い面は解決できるので、結果メリットしか残らないので試してみてください。

また、キャッチで集客した後は店内での満足度を上げないと常連さんにはならないので、集客に力を入れつつも店内のサービス、料理のクオリティも上げていくことも必要です。上記ができていないと集客が生きてこないと言うことは頭の片隅に入れておいてください。