田舎で飲食店を開いてみたものの客が来ない…。そのような悩みを抱えている飲食店オーナーは多いと思います。 

どうしたら田舎の飲食店に人を呼び込むことができるのでしょうか。 

今回は、田舎の飲食店を繁盛させる方法をご紹介します。 

都会と田舎では飲食店の在り方が異なる

都会と田舎では、来店してくれるお客さんが異なります。田舎はお客さんの大半が地元の人になるため、地元の人に受け入れられるような店づくりが必要です。 

田舎で飲食店を開業するときは、地元の人が何度でも通いたくなるような店づくりを心がけましょう。地元のリピーターの存在が、田舎の飲食店を成功させる大きな鍵になります。 

地元の人といっても、具体的に誰を相手にするかによって、客単価が異なってきます。地元で働いている人をターゲットにするのか、それとも法人をターゲットにするのか、誰をターゲットにするかを決めておかないと飲食店を成功させることはできません。 

都会でも人脈は大事ですが、人口の少ない田舎で開業するとなると、人脈がさらに重要になります。身内を大切にしてくれる田舎に溶け込むことができれば、支援が増え、成功するのも早くなるでしょう。 

田舎で繁盛している飲食店の特徴

田舎でも客足が衰えない人気店はたくさんあります。繁盛しているお店の特徴を知ると、田舎で成功するヒントがもらえます。 

地元の人との繋がりを大事にしている

田舎はもともと人口が少ないため、その土地の人達に受け入れられるかどうかが成功の鍵となります。人の入れ替わりが激しい都会と違って、地元の人しかいない田舎の場合は、一度でも地元の人に嫌われてしまうと、あっという間に閉店に追い込まれます。 

田舎でも繁盛しているお店は、田舎で開業するリスクを熟知しているため、普段から地元の人との交流を積極的に行い、その地に溶け込む努力を行っています。都会のように業者が何社もあるわけではないので、一社一社との繋がりも非常に大事にします。 

ライバル競争の激しい都会と違い、田舎の飲食店はライバルが少ないため、その地に定着することができれば、その地の利益を独占することができます。受け入れられるまで時間がかかるかもしれませんが、一旦受け入れられれば、大きな富を得られるのです。 

営業努力を怠らない

人口が少ない田舎では、店側から積極的に発信しないと、お店の存在を知ってもらうことができません。「うまい料理を出せばお客は来る」という甘い考えは、田舎では通用しないのです。 

田舎でも繁盛している飲食店は、営業努力を地道に行っています。お客さまリストを作成して情報提供をしたり、常連さんの会員化をしたり、会員限定のイベントを開催するなど、店の存在を知って好きになってもらう営業を絶えず行っています。 

店の存在を知ってもらうまで苦労するかもしれませんが、一度知ってもらうことができれば、ライバルの少ない田舎で生き残るのは、それほど難しいことではありません。 

田舎の飲食店が行うべき集客方法

田舎でも集客をしっかり行えば、繁盛店を作り上げることができます。 

ここでは、田舎の飲食店におすすめの集客方法をご紹介します。 

飲食メニューの幅を広げる

地元の人にリピーターになってもらうには、何度来ても飽きない店づくりが必要です。そのためには、飲食メニューを絞らないことが重要になります。 

まずは、3日連続で通っても楽しめるメニューづくりを目指しましょう。飽きずに何度でも来られるメニューがあれば、田舎の飲食店でも十分な収益を出せるようになります。 

イベント出店する

地元で開催されるイベントに積極的に参加しましょう。地元の大きなショッピングモールで開催されるイベントやお祭りには、大勢の人が集まるため、店の存在を知ってもらう絶好のチャンスです。 

地元主催のイベントは参加費を払って申し込むのが一般的ですが、広告費などと比べれば、参加費は決して高いものではありません。安いコストで大きな効果が見込めるおすすめの方法です。 

オンラインストアを開く

現在はインターネットを使えば、全国各地からお客さんを呼び込むことができます。店の宣伝をするにはSNSが効果的ですが、田舎の飲食店であればオンラインストアを開いてみましょう。 

お店の売れ行きが悪くても、オンラインストアの売れ行きが良ければ、店が閉店に追い込まれる心配はありません。オンラインストアで商品を買ってもらい、その商品が口コミで話題になれば、自然と店の客足も増えていきます。 

オンラインストアを開くことは、それほど難しいことではありません。費用も安く抑えられるため、少ないコストで大きな利益を得ることができます。 

SNSとオンラインストアを両方使いこなすことによって、集客効果もさらに上がるでしょう。 

まとめ

田舎で飲食店を開くとなるとデメリットばかりを思い浮かべがちですが、都会で開業するときに比べて田舎は費用を安く抑えられるメリットがあります。浮いた費用を利用して宣伝などに力を入れれば、田舎の飲食店でも利益を出すことは十分可能です。 

「田舎だから無理」などと最初から決めつけるのではなく、発想を転換してみましょう。ライバルの少ない田舎なら、努力と工夫次第で一気に繁盛店へと生まれ変わることができます。