この記事では、デジタルサイネージを使った店舗集客の方法をまとめました。過去に作成したデジタルサイネージでの店舗集客に関しての記事を合わせてまとめているので、これから店舗集客を行う方、店舗集客を行なっているけど効果が出ない方は是非一度ご覧ください。

デジタルサイネージとは

デジタルサイネージとは、簡単に説明すると電子看板の事で、液晶のディスプレイに広告や案内を表示することが出来ます。サイズも様々で、店舗の陳列棚に置ける手のひらサイズのものから、据え置きの大画面の物まであります。

デジタルサイネージのメリットは、視認性が高く、動画や音声を扱えること、そして掲載している内容を簡単に変えることが出来ることが挙げられます。また時間帯によって表示する広告を変えることが出来るので、通りすがりのお客さんに効果的にアピールすることができます。

店舗集客に欠かせない「デジタルサイネージ」の導入メリットとは?(https://arunoka-magazine.com/benefits-digital-signage/

店舗集客力を向上させる3つの基本

これから店舗集客を行う方、店舗集客を行なっているけど効果が出ない方は、店舗集客の基本をご存知でしょうか。店舗集客は、ただ闇雲に看板の設置や広告を行なっても効果を発揮しません。効果のある店舗集客を行うには、以下の3つをしっかりと理解しておく必要があります。

  • どうやって店舗の存在を知ってもらうか
  • どうやって店舗に興味を持ってもらうか
  • 店舗までどのように導くか

どうやってお店の存在を知ってもらうか

まず店舗集客を行う上で一番重要なのは「お店の存在を知ってもらう」ことです。兎にも角にもお店の存在を知ってもらわなければ店舗へ集客することは出来ません。では店頭でお店を知ってもらうためには、どのような要素が必要なのでしょうか。店舗を知ってもらうための要素は以下の3つです。

  • 遠くからでも見やすい内容になっているか(視認性)
  • 他の看板に紛れてしまっていないか(差別化)
  • 看板からお店の雰囲気やメニューが分かるか(雰囲気)

店頭での集客のポイントは、「通りすがりの新規客」に、この3つの要素をアピールすることです。デジタルサイネージでは、文字と画像だけでなく動画を流すことも出来るので、短い時間でアピールすることが出来ます。

店頭でお店をアピールする。デジタルサイネージを利用した飲食店の集客方法をご紹介します。(
https://arunoka-magazine.com/how-to-using-digital-signage/

どうやってお店に興味を持ってもらうか

お店の存在を知ってもらえたら、次に重要なのは「お店に興味を持ってもらう」ことです。重要なのは以下の3つです。

  • 商品の告知
  • 盛況感の演出
  • キャンペーンなどの新鮮な情報の提供

デジタルサイネージでは、おすすめの商品や新発売情報などの広告を動画で提供することが出来ます。また特定の時間に特定の広告を表示することが出来るので、キャンペーンなどの新鮮な情報の提供することも出来ます。

店舗までどのように導くか

お店に興味を持ってもらえたら、最後に「店舗までどのように導くか」を考えます。重要なのは以下の2つの要素です。

  • 店舗の入り口が分かりやすいか
  • 安心感・安全感のある入り口になっているか

誰しも一度は、「店舗への階段や入り口が分かりにくい」という理由でお店に入ることを見送った経験はあるのではないでしょうか。店舗に興味を持ってもらえても店舗の入り口が分かりにくいとそれだけでお客さんは離れてしまいます。

ターゲットにしているお客さんが、どういうルートを通るのか、駅に向かう人が多いのか、駅から会社や家に向かう人が多いのかなど、店舗の看板がどの位置から見えるのかを把握し、お客さんが迷わないように看板を設置しましょう。

デジタルサイネージでの店舗集客を検証してみました。

実際にデジタルサイネージを置かせていただいた店舗に協力してもらい、デジタルサイネージの効果検証を行なった記事を作成しました。実際に設置した際の雰囲気や見え方なども紹介していますので、導入を考えている方は是非一度ご覧ください。

「デジタルサイネージ」の集客効果をカフェで検証してみた。(https://arunoka-magazine.com/tullys-part1/)

効果抜群!デジタルサイネージの集客効果を検証してみた結果(https://arunoka-magazine.com/barbar/