飲食店を経営している方は、店頭に看板や、その日のおすすめメニューなどを設置している方が多いのではないでしょうか。

しかし看板は、一度設置してしまうと新しい情報に修正するのは中々難しかったり、その日のおすすめメニューは、目新しさがなければ素通りされてしまうのが現状です。

そんなときには、動画で目を引くことが出来るデジタルサイネージを利用するのがオススメです。

今回は、店頭でお店をアピールするデジタルサイネージを利用した飲食店の集客方法を紹介します。

店頭での集客のポイントは、「通りすがりの新規客」にアピールすること

歩行者は1秒間で1m~1.4m進み、10~15m離れた場所でお店の看板を見つけても、わずか10秒で通り過ぎてしまいます。

しかしその10秒の間、ずっと看板を見ているわけではありません。スマートフォンの画面や、他のお店、歩行者など様々なものを見ています。その中で設置した看板を見てくれる時間は、本当に少ないことが分かります。

その短い時間の中で、飲食店は何のお店かを伝えなければいけません。

デジタルサイネージを利用するメリットとは

デジタルサイネージは、テレビのモニターと違い明るい日射しの中でも見やすい造りになっています。

先ほども述べたように、歩行者が看板を目にする時間は本当に短い時間です。その中で、目的の店があるわけではなく食事する場所を探している人が店を選ぶには、短い時間でいかに興味を持ってもらうかが勝負になります

今までの看板では、文字と画像でしか情報を提供できませんでしたが、デジタルサイネージでは動画で提供する情報量を増やせるため、短い時間で店のメニューや店内の雰囲気をアピールできます。

またデジタルサイネージでは、簡単に内容を変えることができます。昼と夜とで表示内容を変えたり、キャンペーン時のみの表示に変えたりすることも可能です。

デジタルサイネージの効果的な使い方は、「お客様目線」になること

デジタルサイネージを最も効果的に利用するには、「お客様目線」を意識することが重要です。例えば、以下の内容に気を付けるだけでも、効果的に利用することが出来ます。

  • わずか数秒で内容が理解できるようにする
  • 何のお店か分かるようにする
  • お店の雰囲気が分かるようにする
  • 内容を表示する文字は出来るだけ短くする。
  • 画像や文字は出来るだけ大きくする

最後に

飲食店を訪れるお客様は、宣伝を見て訪れる人よりも、「家や職場から近いから」「たまたま前を通りかかったから」という人が5割以上と言われています。

なので、通りすがりの人たちにアピールするためには、「目をひくこと」「見やすく情報を提供すること」に気を付けること重要です。

これは、デジタルサイネージだけでなく、WebサイトやSNSなど集客をする上で重要な要素なので、普段から心がけることをオススメいたします。