店舗集客のホームページを立ち上げたが、うまく成果が出来ないので改善をしたいけど、どこから手を付けて良いか分からない、という方もいるのではないでしょうか。

ホームページで集客を行うには、普段からホームページを改善し、少しでも多くの訪問客を店舗へ誘導することが重要です。

今回は、その改善のヒントになるポイントをいくつかまとめました。

効果が期待できるホームページ改善ポイント

ホームページは見やすい構成になっているか

ホームページを個性的な構成にしていませんか?

確かに個性的な構成だと、他のホームページと差別化も図れますし、インパクトを与えることが出来るかもしれません。

しかし、ホームページの構成は業種によって構成がある程度決まっており、そこから大きく外れる構成だと使い勝手が悪く感じてしまい、訪れた人が離脱してしまう要因の一つになります。

ホームページに訪れた人は、ホームページの面白さでサービスを選ぶことは稀で、サービス内容で選ぶことがほとんどです。なので、訪れた人が目的のものを見つけやすい構成にすることが重要です。

一目でどんなホームページなのかが分かるか

ホームページの構成に関連して、ホームページへ訪問した際に、一番最初に画面内に表示される情報(ファーストビュー)も重要なポイントです。

ファーストビューで、ホームページから離脱してしまう人は70%にも及ぶと言われています。つまりファーストビューで、店舗の魅力が訪れた人に伝わるものでないといけません。

具体的なキャッチコピーや、値段、画像など、一目で訪れた人に魅力を伝えられるようにしましょう。

ホームページの表示される速度は遅くないか

あなたは、ホームページの表示が遅かった時、どうしていますか?

早々に戻るボタンを押して他のページに行っていませんか?

このように、ホームページの表示される速度は重要で、ホームページでの集客に大きな影響を与えます。

GoogleやAmazonの調査でも以下のような結果が報告されています。

  • Google:表示速度が0.5秒遅くなることで、検索数が20%減少
  • Amazon:表示速度が0.1秒遅くなることで、売上が1%減少

出典元:markezine

もしデザインや画像によって少しでも表示する速度が遅くなっているのであれば、改善することをオススメします。

ホームページの文章は読みやすいか

ホームページに訪れた人は、できる限り早く店舗の特徴やサービスを知りたがっている為、解説や説明をじっくり読みません。

ダラダラと長い文章の説明を見た時に、読む気が起らず、他のサイトに移動した経験があるのではないでしょうか。

文章はホームページの一番重要な要素になります。文字量が多いホームページの構成になっているなら、見出しと本文のバランスや、キャッチコピー自体を見直し、最適で読みやすい構成に改善しましょう。

最後に

店舗への集客を行うにあたって、大規模なキャンペーンを行わなくてもホームページを改善することで、店舗への集客を行うことは可能です。

確かに大規模なキャンペーンなどは、店舗への集客を行うことが可能ですが、あくまで一過性のもので長くは続きません。

まずは簡単なホームページの改善から行うのが、継続する店舗集客の一番の近道ではないでしょうか。

簡単な内容ではありましたが、お役に立てれば幸いです。