皆様はランディングページと呼ばれる、インターネット広告で集客した見込み顧客を、商品の購入や会員登録などゴールに導くためのウェブページをご存知でしょうか。一般的には、1つの商品やサービスを売るための1枚の長いWebページの事を指します。

皆さんも一度は縦に凄く長い1ページだけのWebサイトをご覧になったことがあるかと思います。

今回は、インターネットでの店舗集客の一つの手段である「ランディングページ」についてご紹介いたします。

ランディングページとは

ランディングページとは、インターネット広告やホームページのリンクから来た見込み顧客を、商品の購入や会員登録などゴールに導くためのWebページです。

ランディングページに来た見込み顧客をゴールに導くことのに特化したWebページなので、効果を上げるポイントを押さえて制作することで、大きな効果を期待することが出来ます。

ではなぜ、ホームページとは別にランディングページを作るのでしょうか。

ランディングページを制作する理由

店舗集客を行うためには、サイトに訪れて欲しい人に合わせた情報の提供が必要になります。これがランディングページを制作する最大の理由になります。

ホームページは店舗の看板となるため、サイトに訪れて欲しい人に合わせて内容を変更することが難しいです。しかしランディングページは、1ページに情報を集約することができ、値段も安価で制作出来るため、ホームページよりもサイトに訪れて欲しい人にアピールすることが出来ます。

次に見込み顧客に合わせたランディングページを作成するためには、どのように内容を変えてあげればよいのでしょうか。

ランディングページの目的と特徴の参考例

ランディングページは、目的の違いによって特徴が大きく変わります。

目的 特徴
商品を売りたい場合 手に取れない弱みを補う為に写真や情報が多い内容になっている。
B to Bの場合 それぞれの機能の一覧など商品の比較が出来るような内容になっている。
結婚式などのサービスを売りたい場合 実際に利用した際のイメージが重要なになる為に写真が多い内容になっている。
有料会員をふやしたい場合 サービスに納得して登録してもらうために、図や表が使われることが多い。
資料請求をして欲しい場合 簡潔な説明で興味を持たせる内容になっている

最後に

ランディングページ制作の費用は、制作会社によって様々ですが、ホームページ制作よりは安い傾向にあります。

ホームページと違い1ページののWebページなので簡単に制作することは可能ですが、成果のでるランディングページを制作するためには、特定の見込み顧客に合わせて制作する必要があるので、制作会社に制作を依頼することをオススメします。

もし予算の都合などで自分で制作する場合には、無料で使えるサービスを利用するのも一つの手段です。商品やサービス、目的に応じたテンプレートも豊富にあるので、初心者でも一定の効果を出せるランディングページを作成することが出来ます。

下記にオススメのサービスのリンクを貼っておくので、興味のある方は是非一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

ペライチ