店舗集客を行うには、まずは自社商品を認知してもらうことから始まります。何故なら、どれだけ良い商品を持っていても認知されないことには、店舗に足を運んでもら
うことが出来ないからです。今回は、自店舗のメディアを活用し、店舗集客する方法を紹介します。

店舗集客にインターネットを活用する理由

最近、実店舗に足を運ぶ前に、インターネットで事前にお店の情報等を検索して調べるという行為が当たり前になってきています。

スマートフォンの普及により、実店舗に足を運ばなくても、googleやYahooといった検索エンジンを使って商品を検索し、その特徴や価格を踏まえたうえで購入、さらに実際の使用感や評価を確認することもできるようになりました。

あらゆる人と物がインターネットで繋がる時代になり、実店舗への集客にもインターネット
を上手く活用することが求められています。

店舗集客に効果的な3つの方法。

店舗集客に効果的な方法は以下の3つです。

  1. ホームページ
  2. ブログ
  3. SNS

1.ホームページ

ホームページ

ホームページは、あなたの店舗や商品の魅力を伝え、集客に貢献する「オンライン上の看板」のような役割を持ちます。

実店舗への集客を行う上で、ホームページを持つメリットは3つあります。

1つ目は、見込み客のデータを収集できることです。
ホームページに訪れた見込み客の性別・年齢・住んでいるエリア・見にきた時間・閲覧デバイスなどのデータを取得することができ、サイト内のどの箇所が一番見られているか、クリックされているかなどの把握も行うことが出来ます。

2つ目は、内容を修正・追加できることです。
収集したデータをもとに、ページデザインやサービス内容を変えていくことで、新規顧客獲得や、既存客の再来店・再購入を促せるようになります。

3つ目は、24時間365日宣伝してくれることです。
あなたの店舗や商品の魅力を、いつでもどこでも宣伝してくれます。

このようにホームページは、貴重な新規顧客の獲得手段であり、既存客の再来店・再購入を
促すきっかけにもなります。最近では、ホームページを誰でも簡単に作成できるサービスが多くあります。そういったサービスを利用し、サイトを作成するのも一つの方法です。

2.ブログ

ブログ

見込み客は来店前に様々な不安を感じています。ブログは、あなたの店舗の様子を写真などと一緒に垣間見せることで、見込み客の不安を解消し、店舗集客に繋げる役割を持ちます。

例えば、オススメのメニューの魅力を解説したり、店内の様子を案内したり、プロのノウハ
ウを紹介したりすることで直接的な来店のきっかけになります。

SNS

SNS

SNSは、あなたの店舗や商品の魅力を拡散する役割を持ちます。

運用の手軽さから実際に利用している人も多いのではないでしょうか。しかしSNSを運用するには、あなたの店舗や商品、ターゲットやブランディングによって使い分けが必要です。SNSを店舗集客方法の1つとして活用する上で、押さえておきたいのは、主要なSNSの「特徴」についてです。

あなたはSNSを利用する際に、どのように使い分けていますか?
投稿する割合が高いものは、連絡やコミュニケーション手段として、投稿する割合が低いものは、情報を集める・拡散する手段として利用していませんか?

このように、ユーザーがSNSを使い分けている以上、配信する側も配信する情報によってSNSを使い分ける必要があります。

自店舗メディアでの集客の注意事項

ここまで店舗集客に効果的な方法を紹介してきましたが、今回紹介した方法をただ行うだけでは効果がありません。自店舗メディアで集客を行うには、2つのことに注意が必要です。

1つ目は、「店舗の強みを明確化」する事です。
スマートフォンの普及により、お店の情報を集めやすくなりました。その為、インターネットの世界では他店舗との比較は避けられないものになっています。その為、見込み客に「何故あなたのお店を選ぶのか(強み)」を明確にしなければなりません。強みを明確にする事で他店舗との差別化を図ります。

2つ目は「ターゲットを絞り込み」です。
ターゲットを絞り込むという事は、好きな情報を発信して「読んでくれるのを待つ」のではなく、「こういう人に読んでほしい」という相手(お客さん)を決めることです。

ターゲットは、「年齢」「性別」「世帯規模」「所得」「職業」「学歴」「価値観」「ライ
フスタイル」など細かく定義し、情報を読んでほしい人物像を具体的にします。ターゲットを絞り込む事によって、「こんな悩みを持つ人にオススメ!」と不特定多数にアピールするよりも、「何歳での女性で、こんな悩みを抱えている人にオススメ!」と行った特定の人にアピールする方が、顧客の共感を得られる可能性が高く、多くの人に読んでもらえる可能性が高まります。

最後に

今回は、自店舗メディアを上手く活用して集客する方法を紹介しました。今回紹介した方法は、作成したら終わりではありません。常に見込み客の情報を計測・分析し、それに合わせてサイトの構成や内容を変えるといった最適化を行うことが重要です。

そして、自店舗メディアの運営は「見込み客の不安を解消」する事を常に考えることに心が
けましょう。簡単な内容ではありましたが、お役に立てれば幸いです。