最近SNSの発達などに伴って、店舗の商品やサービスを紹介する動画を活用した集客方法が注目されています。動画を利用し店舗の紹介を行う事で、多くの人に短時間で魅力を伝えることが出来るようになります。

今回は動画で店舗集客をするメリットと、動画を作る際に注意すべきポイントをご紹介します。

店舗集客の動画を作成するメリット

動画を使って店舗集客をすると以下のようなメリットがあります。

・直観的に分かりやすく、雰囲気を伝えることが出来る
・多くの人に見てもらう事が出来る

直観的に分かりやすく印象に残りやすい

動画で店舗の紹介をする一番のメリットは、画像やテキストよりも、直観的に分かりやすく印象に残りやすいという点です。動画は映像やBGMを利用することで直観的に分かりやすく、ホームページなどを見なくても、その店舗の特徴や魅力を短時間で伝えることが出来るのも動画の大きなメリットと言えます。

また、写真やテキストだけでは伝えきれなかった店舗の雰囲気伝えることができ、感覚的に店舗の雰囲気を理解することが出来ます。「何となく雰囲気がよさそう」といった印象付けるためには、動画を活用したほうが効果的といえます。

多くの人に見てもらう事が出来る

SNSなどを利用し拡散を容易に出来ることも動画の大きなメリットです。
動画を制作するにはコストと時間がかかりますが、SNSで拡散することでテキストだけの投稿よりも動画の方が目につきやすく、多くの人に見てもらうことが出来ます。また、動画であれば言語が通じなくても、伝えたい内容をある程度伝えることができ、最初に興味を持ってもらうきっかけにすることが出来ます。

動画を作る際に注意すべきポイント

動画を作る際には以下のポイントに注意する必要があります。

・店舗に来てもらいたい人(ターゲット)を明確にする
・動画で紹介する情報をリストアップする

店舗に来てもらいたい人(ターゲット)を明確にする

店舗を紹介する動画を制作する際には、店舗に訪れて欲しい人(ターゲット)を意識して制作をする必要があります。

ターゲットを決定するときには、「年齢」「性別」「世帯規模」「所得」「職業」「学歴」「価値観」「ライフスタイル」など出来る限り絞り込むことが重要です。ターゲットの範囲を広げすぎてしまうと、訴求点がぼやけてしまい、一番アピールしたい層に効果のあるプロモーションを行う事が出来ません。ターゲットを細かく設定し、特定の人にアピールする方が共感を得られる可能性が高く、多くの人に動画を見てもらう可能性が高まります。

動画で紹介する情報をリストアップする

ターゲットを明確にすることと同じくらい重要なのは、動画で紹介する情報を厳選する事です。店舗を紹介する動画を制作する際には、どんな印象や情報を受け取って欲しいかを考える必要があります。

何でもかんでも情報を盛り込んでしまうと、本当に伝えたい情報がぼやけてしまい、折角ターゲットに動画を見てもらえたのに、店舗集客に繋がらない動画になってしまいます。

あなたのお店の特徴や魅力は何でしょうか?
サービスや商品、店の雰囲気など、必ずそのお店の訴求ポイントがあるはずです。そういった情報を厳選し、そこにフォーカスする内容の動画にすることが重要です。

動画の活用事例

焼き鳥 て乃じ

職人さんの手ほどきを、臨場感のある炭火の音と一緒に紹介しています。それと同時に店の雰囲気やメニューの紹介もされており、このお店の魅力が1分で伝わる内容になっています。

最後に

動画を使い店舗の紹介を行う事で、お店の雰囲気や特徴、魅力を短時間で上手く伝えることが出来るので、集客につながりやすくなります。また、前回の記事で紹介した「Googleインドアビュー」と組み合わせることで、さらなる効果を期待できるのではないでしょうか。