ポイントカードを活用して集客力を上げる方法

飲食店に限らず、様々な販売店でも利用されることが多いポイントカードやスタンプカード。

まず、一度お店に来店をしてもらったあと、次の目標となるのが再度お店に来てもらうことだと思います。

そのためにも、ポイントカードやスタンプカードといったものが集客力を上げる方法に繋がるのです。

ポイントカードやスタンプカードがあるとどうなる?

まず、ポイントカードやスタンプカードといったものがあると、どのような効果があるのかを見てみましょう。

〇経営側

  • 特典によっては再度来店をしてもらえる理由に繋がる
  • お店の存在を忘れられないように物として残せる
  • おすすめの商品を手軽に勧めることができる

〇お客様側

  • 特典によってはお得にサービスを受けることができる
  • 友人などに勧めやすくなる

大きく分けるとこのような効果があります。

わかりやすい効果って意外とこれしかないのか?といった感想を持つ人も多いかもしれませんが、実はこの効果が2回目の来店につなげることができるのです。

近年の不景気の影響もあり、どうしても外食や買い物などではなるべく費用を抑えたい人が多くいると思います。

このポイントカードやスタンプカードというものがあり、実際にカードの特典を使えば割引になったり、無料で商品を受け取ることができればそれはかなり魅力的なものになるのです。

ポイントカードやスタンプカードの導入費用は?

実際に店舗で、ポイントカードやスタンプカードを導入する場合に、どれくらいの費用が掛かってしまうのか?また、特典はどのようにすればいいのか?といったものを説明していきます。

大きな店舗や、チェーン店などでもポイントカードやスタンプカードといったものは活用されていますが、磁気を用いたポイントカードなどの場合では、磁気カードに加えて書き換えを行うための端末も必要になってきたりします。

もちろん、このような仕様でポイントカードを導入しようとすると、多くの費用が掛かってしまいます。

個人で商売をしているお店などでは機材の導入が多くの負担となってしまうと思います。

そのような場合は、スタンプカードといった方法もあります。

例えば、「お会計500円ごとにスタンプを1つ押し、スタンプが10貯まれば割引を行います」などの方法も活用できます。

実は、スタンプカードは昔ながらの方法ではありますが現代社会でもおおいに活用できるのです。

ポイントカードやスタンプカードの特典次第でも効果あり?

ポイントを貯めると特典があるといっても、先の長いポイントやスタンプを貯めるのはどうしても長旅になってしまいます。

お客さんとしては、早く特典を受けたい人が大半であり、どんなに大きな特典であっても特典を受けられるまでの時間が長くなれば長くなるほどお客さんもあまり定着してくれません。

そういった問題を解決するためにも、ポイントカードやスタンプカードを作ったその日に受けられる特典や、毎回提示ごとに何らかの特典を受けれるといった方法も採用するとリピート客を増やす方法でもあります。

まとめ

ポイントカードやスタンプカードを活用して集客力をあげる方法はいかがでしたでしょうか?

この方法で集客力を上げるのは、昔からある方法でもありますが現代社会でも実際に活用している飲食店や販売店も多く、世間的にも認知されている方法なのです。

導入費用も、物によっては大きく費用を抑えることができるのでイマイチ集客ができないお店などは積極的に導入を考えてみるのも良いと思います。