前回の記事「ホームぺージで店舗集客を考えている方へ。制作時に考える3つのこと。」でホームページを作成する際に気を付ける内容を紹介しました。

次はいよいよ、ホームページの内容を充実させていく為に、記事やブログを公開していくようになるかと思います。

今回は、作成したホームページを運用する際に気を付けなければならないSEO対策について紹介します。

SEO対策とは

ホームページでの店舗集客について検索してみるとよく「SEO対策」という単語を目にするかと思います。

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略で、自分のホームページを検索結果に多く露出させるための施策のこと言います。別の言い方で検索エンジン最適化とも呼ばれます。

ではこのSEO対策は何故必要なのでしょうか。

ホームぺージのSEO対策の必要性

ホームページを公開して最初に突き当たるのは「アクセス数」になります。アクセス数が低いということは、それだけホームページが人の目に触れていないということです。

では、どうやって多くの人に見てもらえるようになるのでしょうか。そこで登場するのが「SEO対策」になります。

この記事を読んでいるあなたは、インターネットで特定の情報を調査する時、yahooかgoogleから検索して、検索結果の上から順番にページにアクセスして目的の情報を探していると思います。

ということは、検索結果の上部にホームページが表示されれば、それだけ多くの人に見てもらうことが出来るということになります。

つまり、SEO対策をしっかりと行うとアクセス数が増え、多くの人にホームページを見てもらえるようになります。

SEO対策で気を付けること

SEO対策を行って検索結果の上部に表示されるようにするには、ホームページの内容をgoogleにしっかりと伝える施策と、 ホームページに記載されている内容が重要です。

ここからは、具体的な方法をいくつか紹介していきます。

記事やブログのタイトルには、検索して欲しいキーワードを入れる

記事やブログのタイトルには、そのページに来て欲しいキーワードを入れるようにしましょう。

例えば、このページはキーワードを「店舗、集客、SEO」にしており、このキーワードで検索した人に来て欲しいので、タイトルは「ホームページで店舗集客するならSEOに気を付ける。」としています。

記事やブログ内には、共起語を入れる

共起語とは、例えば「食器」と言うキーワードがあったとしたら、「お皿」「スプーン」「フォーク」のようなキーワードと一緒に使われる頻度が高い言葉の事です。

キーワードと共起語をページに多く登場させるようにするとSEOへの効果が高くなると言われています。

記事やブログ内の一番最初にキーワードが配置されているか

googleは、キーワードがページ上部にきちんと配置されているかどうかを重視します。

特に、文章の書き始めにキーワードを含めた文章があるかどうかは、重要な要素となります。

最期に

今回紹介したSEO対策は、記事やブログを公開する際に気を付けるべきSEO対策に絞って紹介しました。

本当はこの他にも施策は沢山ありますし、時間が経つにつれてアップデートを繰り返し変化していきましす。

しかしずっと変わらないのは「検索してきた人にとっても、googleにとっても良質な記事」を作成することです。そのことを常に考えてホームページ運営を行っていきましょう。