飲食店を経営している上で、集客という言葉は常に付きまとう言葉でしょう。
現代社会ではインターネットを通してWEB上から飲食店や販売店の情報を集めているお客さんもとても多く、現在有効な情報発信ツールとなっています。

飲食店などでは食べログなどがよく活用されるケースが多いですが、どれも費用がかかってしまう方法ばかりでありますが、無料で集客力を上げる方法も存在しています。

SNSは集客力を上げるツールとして効果的

スマートフォンの普及により、SNSは現在とても利用されているサービスですが、実はこのSNSを活用し集客力を上げている飲食店も多くあります。

まずは、SNSを活用するメリットを挙げてみます。

  • 無料で利用できるため費用がかからない
  • 大多数の人間に情報を発信することができる
  • 現代人のニーズに合っている

主に利用されているSNSとして「Facebook」「Instagram」「Twitter」がありますが、もちろんどのSNSにおいても料金はかからないため、3つのSNSを集客力を上げるツールとして使えます。

SNS活用の一番の武器とは?

SNSの一番の特徴といえば、発信した情報を不特定多数の人間に発信することができ、またその情報を拡散する力を持っていることです。
よく、SNSにおいて店舗の公式アカウントを所持している店舗がございますが、店舗のアカウントとして発信する情報として、営業時間や商品の紹介などといった店舗の情報を発信する以外にも、店長の日常的な発信などをしている公式アカウントも。

実は、このような情報発信を目にしている人間は多くいるのです。
テレビのコマーシャルや、看板広告がいい例であり、特に意識をしていなくても一度目にすると、人間は意外と覚えているものであり、加えてインパクトがあればあるほど記憶にとても残りやすいのです。

実際にSNSがきっかけで店舗に来店するお客さんも多く、そういったきっかけから常連のお客さんになってくれるといったことも。
まず、お客さんに店舗の存在を知ってもらうことから始めるのが集客力を上げるテクニックでもあります。
SNSを利用した集客以外でも、デジタルサイネージなどの置型看板といったものもインパクトがあり、集客力を上げる方法でもあります。
そのことを念頭に置いた上で、まずは基本的な情報を発信してみましょう。

  • 営業開始と同時に営業時間を発信
  • 本日のおすすめメニューなどの発信
  • 天候などに合わせて一言添えたりなどとフランクな情報

このような、簡単な情報発信だけでも集客力に繋げることは可能であり、実際に取り入れている飲食店も多く、しっかりと常連を獲得している店舗もあります。
まずはお店を知ってもらうことが大事であり、全てのきっかけに繋がるでしょう。

まとめ

世の中には様々な飲食店が存在しており、それぞれの店舗が工夫をしながら集客力を上げるために努力をしています。
そのほとんどが、広告費がかかってしまう方法が多いですがちょっとした現代ツールを活用することで無料で集客力を上げることも可能になるのです。
まずは一度お店に来店してもらうことを目標として、情報発信を続けていければ継続的な集客に繋がっていくでしょう。