飲食店に限ると、朝食からランチ、ディナーまでも扱っている店舗もあれば、ディナーに力を入れている店舗もあると思います。

その限られた営業時間でどのように集客力を上げれば良いのかといった部分も気になるところだと思います。

その中でも、1つの方法として時間帯ごとの魅力を作るといった方法を紹介します。

時間帯ごとの魅力を作るとはどのようなことか?

時間帯ごとの魅力を作るといってもどのような方法かは、イマイチわかりにくいと思います。

簡潔に説明をすると、お昼時から営業していてディナーも提供しているお店を例に挙げてみます。

お昼時は量を少なくして、料金を抑えてみる。

大手のチェーン店や、基本ディナーでの商売をメインとしている飲食店で行っている店舗が多いのがこの方法です。

基本皆さんも、夜ご飯を一番多く食べることが多く、お昼ご飯は夜ご飯より少なく食べることが多いと思います。

お客さんの立場としては、お昼ご飯は多くなくていいから料金を安く済ませたいと思うお客さんも多いのも事実です。

ディナーの料金設定より安く抑えて、その分、料理の量を少なくしたりといった工夫でも集客に繋がるでしょう。

また、ラーメン屋などで主に活用されている方法として、お昼時ではライスを無料といったサービスを行っているお店を見かけると思います。

そういった方法も、量を多く食べたいお客さんにとっては大きな魅力となります。

ディナーの場合はセットにしてみたり、アルコールも勧めてみる

先ほど紹介した方法はランチの魅力を作る方法でしたが今度はディナーの場合の紹介をします。

夜ご飯の場合は、1日の最後に食べるご飯でもあるため多くの量を求めているお客さんも多いと思います。

その場合、様々な料理を注文してしまうと、どうしても金額が多く掛かってしまいお客さん側からしてみれば、どうしても財布の紐が固くなってしまうこともあります。

そのため、ディナーの場合はセットやコースといった提供方法もオススメ出来ます。

セット料理やコース料理の一番のメリットとしては、提供する料理が限られてくるため、提供するための時間を短縮することができ効率化が見込めます。

料理の提供を効率化することができれば、厨房で料理を作っている人の負担も大きく減らすことができ、ワンオペレーターで提供しているお店の場合でも一人で多くのお客さんの対応をすることができるといったメリットがあります。

従業員を雇用している場合は、どうしても人件費を抑えたい部分が強く、最小限の人員で店舗を運営していきたいのが一番の悩みでもあるため、そういった悩みの解決にも繋がります。

更に付け加えると、ディナーのときにアルコールを一緒に嗜むお客さんも増えてきます。

提供する料理によって、口に合うアルコールの種類も変わってきてしまうため、一概に決まったアルコール商品を提供することはできませんが、逆に捉えると提供する料理に合うアルコールも店舗に用意しておけば一緒に注文をしてくれるお客さんも居るということです。

また、アルコール商品は単価も高いため利益にも繋がり、お店の経営の手助けにもなります。変わったお酒なども用意できれば、気に入ったお客さんのリピート率を上げることにも繋がるため、集客の1つの方法でもあります。

時間帯ごとの客層にも注目

お店がどのような場所にあるのかも大きなポイントでもあり、オフィス街などではお昼時が一番の客入りの時間帯でもあり、住宅街や郊外といった場所では夜の時間帯が一番お客さんが入る時間帯と、客層に合わせた提供方法も重要です。

もちろん、お客さん自身がお店を選び、そのお店も世の中には数々あるため、他のお店より魅力あるものを提供することが一番大切になります。

それぞれの店舗ごとによって、どのような客層なのか、どのような料理が需要があるのかといったことを見直してみるのもとても大切です。

まとめ

ここまで、時間帯ごとの魅力を作ると集客力も上がるのか?といったことに焦点を当てて紹介をしてみましたがいかがでしたでしょうか?

飲食店に限らず、同業同職の店舗というものは数多く存在します。

そんな中でも、自分の店舗を選んでもらえるためにも、自分の店舗の魅力をしっかりと伝えることがとても大切ですね。