今回は、「タリーズ隅田川店」さんを訪問しました。

以前からデジタルサイネージを設置しているお店なのですが、新しく入れ替えるということですので、ビフォーアフター形式で比較したいと思います。

隅田川の河川敷に建てられているので、とても開放的です。

スカイツリーもご覧の通りで、観光客に人気のスポットのようです。

キレイな夜景も見られそうですね!

入れ替え前のデジタルサイネージ

こちらが本題の正面入り口です。

右側の、反射して撮影者が写っているのがデジタルサイネージですね。笑

電源は落としているため、映像は流れていません。

入れ替え前のデジタルサイネージについて

こちらは、屋外用のデジタルサイネージです。

  • 防水仕様なので、雨が降っても大丈夫。
  • 32インチ・1200カンデラのディスプレイなので、昼間でもよく見える。
  • コンテンツはUSBを入れるだけで入れ替えができるので、カンタンに運用できる。

飲食店の看板としてよく使用されるスタンダードなタイプですね。

ということで、さっそく新しいデジタルサイネージに入れ替えます。

入れ替え後のデジタルサイネージ

こんな感じになりました!

存在感があって雰囲気出てますね~。

設置後にしばらく様子を見ていたのですが、お店の前を通る人はけっこう見ていました。

特に外国人観光客に対しては、映像だけで商品をアピールできますので、かなり有効的なのではないでしょうか。

ちなみに入れ替え作業自体は、設置してUSBを指して電源を入れるだけでしたので、数分で完了です。

入れ替え後のデジタルサイネージについて

屋外用デジタルサイネージ イーブス46 KIOSKタイプ  46インチ 2500カンデラ高輝度タイプ

こちらも、屋外用デジタルサイネージなのですが、入れ替え前のものよりも高スペックになっています。

  • 防水
  • 46インチ・2500カンデラ
  • スタンド一体型

画面の明るさが800カンデラ高く、スタンドとディスプレイが一体になっているタイプですね。

コンテンツの差し替えをするときは、このようにうらを開けて作業します。
上部に冷却ファンも付いていて、熱にも強いモデルになります。

もちろん、鍵がかかるのでイタズラされる心配はありません。

ちなみに、ケーブルの長さが足りなくても延長コードを使えば特に問題ないようです。

おわりに

ここまでで、デジタルサイネージの入れ替えが終わりました。

次回の記事では、実際にどれぐらいの効果があったのかをお伝えします!